ソワンの

ビタミンC誘導体って?肌への効果は?

化粧水のパッケージにビタミンC誘導体配合と書いてあるのを見たことがありませんか?

 

中には今現在ビタミンC誘導体が入った化粧水を使っているという人もいるかもしれませんね。なんとなく肌に良さそうというイメージのあるビタミンC誘導体、具体的にどんな働きをして肌にどんな効果があるのでしょう。詳しく調べてまとめてみました。

 

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCは美白や抗酸化作用のある成分で肌トラブルを防ぐにはとても効果的な成分ですが、壊れやすく肌の内部まで浸透しにくいという弱点があります。

 

そのビタミンCを肌の内部まで届くよう人工的に改良し、壊れにくく安定させた成分がビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は肌に浸透してからビタミンCに変わる性質を持ちます。またビタミンC誘導体にも種類があり、水溶性、油溶性、そのどちらも合わせ持った性質の3つに分けられます。

 

・水溶性
皮膚に吸収されやすい性質を持ち、化粧水などに使われます。

 

・油溶性
水溶性のビタミンCに油を混ぜ合わせたもので、クリームなどに使われます。

 

・水溶性+油溶性
普通のビタミンC誘導体よりもさらに浸透力が高いものとなっています。

 

ビタミンC誘導体の効果

・シミ、くすみ予防
シミやくすみは肌内部に蓄積されているメラニンという色素が沈着してしまうことで起こります。ビタミンC誘導体はそのメラニンに働きかけてシミやくすみを予防・改善します。

 

・肌の老化を防ぐ
ビタミンCの抗酸化作用により肌細胞の老化を防ぎます。

 

・肌の代謝を高める
睡眠中のターンオーバーを促して、肌の修復や生まれ変わりを助けます。

 

・ニキビの予防
ニキビの原因は毛穴の皮脂詰まりです。ビタミンC誘導体はその皮脂の分泌を抑える働きがあり、ニキビをできにくくします。

 

・炎症を抑える
ニキビやニキビ跡の赤みなど、肌の炎症で起こるトラブルを改善する効果があります。

 

・肌にハリを出す
ビタミンCが肌の奥にある真皮というところでコラーゲンの生成をサポートし、肌のハリやうるおいを保ちます。

 

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC誘導体はメリットばかりのように思えますが、注意が必要な成分でもあります。特にもともと乾燥しやすい肌質の人は使い過ぎに注意しましょう。

 

皮脂の分泌をコントロールする働きがあるため、乾燥肌を悪化させてしまう可能性もあります。自分の肌質を見極めて量に注意しながら使用し、ワントーン明るいなめらかな肌を目指しましょう!